まず、自分に合った正しいファッションのコーディネートをする前に、色彩の知識を入れておくことが大事です。今では、色彩検定とかもあるのでそこから勉強してみてはいかがでしょうか。皆さんが思っているより、ファッションのコーディネートは奥が深いことと思います。まず、ファッションのコーディネートを選ぶ際には、4つにわけることができます。夏・秋・冬・春にわけることができます。それはどうやって見分けるかというと、眼の色、肌の色顔立ち、、、とたくさんあります。大きく分けて春・秋、冬・夏の二つに分けることができます。春・夏の人は、髪の毛が比較的明るいのが似合うのです。金髪をして違和感がないのはこの中に当てはまる人です。そしてここの人は銀より金などのアクセサリーが似合います。肌の色は比較的黄色みがある人です。それ炉は別に、夏・冬の人は神の色は比較的真っ黒が似合い、明るくするといっても栗色程度が似合います。肌の色は黄色を帯びてなくて、真っ白の方が多いです。アクセサリーなど身につける際は金よりも銀のほうが合うのです。この識別は、色彩を勉強するとわかってくると思います。勉強はいやだけど、自分はどの部類に入るのか知りたいという方は、今は美容院でやっているところもありますので一度足を運んでみてみてもらうのはどうでしょうか。だいたいの美容師さんは色彩の資格は持っていると思うので、実施していなくても訪ねたら教えてくれるかと思います。